接客業でのアルバイトの面接注意点

接客業でのアルバイトの面接注意点
MENU

面接で定番の質問で困らない秘訣

面接官によって質問内容というのは異なりますが、ある程度聞くことは同じです。自己PRも事前に準備しておかなければ言葉に詰まってしまって、焦ってしまいます。そして、ある程度の話すべきポイントをおさえておき、その内容を三分以内に話せるように自分でまとめておくと、焦ってしまうことがなくなります。基本的に面接での受け答えは端的にわかりやすくなので、ダラダラと長く話す必要はありません。短い言葉の中から相手に伝わるように話すだけでいいです。

ポイントはフルネームで名前を伝え、職務経験の概要、業務上注力した点とその成果を話します。成果についてはできるだけ数字で伝えるようにしてください。例えば自分の提案によって、何パーセント売り上げが上がったとかそのような簡単なものでいいので数字にしてみると相手にも伝わりやすいです。次に業務を通じて培ったスキルとノウハウ、そのスキルを活かして今後挑戦したいことまで言えるようにしておきます。些細なことでも精神面の話でもいいです。ここは数字にこだわらず人柄のような話で大丈夫です。面接官は多くの応募者を見ているので緊張してしまうことは仕方がないと諦めて、熱意をしっかり伝えるようにしてください。

Copyright (C)2017接客業でのアルバイトの面接注意点.All rights reserved.