接客業でのアルバイトの面接注意点

接客業でのアルバイトの面接注意点
MENU

就活生が面接に臨むとき

採用担当者に強い印象を与えることが大事と思い込み、自分の意見を主張することに注力する就活生が多いです。それはNGと言うことを肝に銘じておきましょう。面接は採用担当者と対話をする場です。お互いが一緒に仕事ができるかどうかを判定する場と言ってもいいでしょう。対話をしないと、お互いのことは分かりません。一方的に主張するだけでは意味がないわけです。とは言え、採用してもらおうと、会話をスムーズに進めることだけを考えるのもよくありません。就活生も、企業を判断できる数少ないチャンスと考えて臨むようにしましょう。

また、面接では必ず志望動機と自己PRを聞かれます。これらは、自分で考えて整理をし、自分の言葉で表現することが大切です。マニュアル本に掲載されている例文を暗唱したところで、採用担当者には見抜かれてしまいます。他人のアイデアを拝借し、スラスラ回答しても評価されるわけはありません。面接に派手なパフォーマンスは不要ですが、無難にこなすのがいいと言うわけでもないです。自分の考えやスキルを採用担当者にアピールする力は必要になります。オリジナリティあふれる志望動機と自己PRを考えることは難しいです。早めにとりかかりましょう。

Copyright (C)2017接客業でのアルバイトの面接注意点.All rights reserved.