接客業でのアルバイトの面接注意点

接客業でのアルバイトの面接注意点
MENU

面接は自分の印象を決める瞬間

就職や転職する時、職種や雇用形態に関係なく、一般的にはまず「面接」があります。企業によっては履歴書の段階で面接が出来るか否か決まる事もありますが、ほとんどの場合は面接が行われます。「面接」と聞くだけで緊張してしまいそうですが、初めての人に会い、仕事に就けるかを左右するのですから当たり前です。

面接は大体自分に対して何人かの面接官、もしくは一対一の場合もあります。何を聞かれるのだろうか、失敗しないだろうか、おかしなことを言わないように気をつけないといけない、などと面接の直前に考えてはいけません。そんなことを考えていては、萎縮してしまって普段の自分を出せません。せめて、洋服が汚れていないかなどの身だしなみチェックぐらいに留めておいて、後はその緊張感と一緒に自分の名前が呼ばれるのを待ちます。

面接室への第一歩は、普段の自分が出る瞬間です。面接官は緊張しているということを百も承知です。だからといって張り切って自分をがむしゃらにアピールせず、落ち着いて自分の事を少しでも知ってもらおうという気持ちでいた方が良いでしょう。挨拶がきちんとできるか、こちらの話を聞けるか、企業のことを知っているか、何より一緒に働く人材としてどうか、と言うことを見ています。身だしなみも判断する材料となりえます。話の内容、経歴などを踏まえて合否が決定します。

Copyright (C)2017接客業でのアルバイトの面接注意点.All rights reserved.